2017年01月21日

暖房と結露

こんにちは、暫く寒さ厳しい日が続きそうですね。

寒くなると窓の結露がしやすくなって、住宅の検討でも
よく話題にあがります。

やはり台所やダイニング等、煮炊きによって水蒸気の発生が多いと窓結露はしやすいですし、
浴室に続く洗面脱衣室も同様かと思います。

寝室もわりと結露出ますとのお話を伺う事ありますが、
人体から放出される水蒸気は思ったよりあるみたいで、
夫婦、お子様で4人位一緒でおやすみの部屋だと、結露発生してる事もあるようです。

結露には湿度が大きく関係しますが、暖房のやり方でも違いが出るように思います。
私の経験上では電気エアコンとガスファンヒーターではガスファンヒーターの方が
部屋の湿度があがりやすく、エアコンの方が乾燥しやすい感じで、
結露の出方に差が出ました。

どちらをオススメする訳ではありませんが、湿度を適正にするのが大事です。
部屋に湿度計があるだけでも意識しやすくなりますので、風邪対策で加湿器を
使用している場合でも湿度70%超えてきたら、少し抑えた方が良いかもしれません。

適正とされる湿度30%〜70%に入ってると、結露出にくく、風邪も引きにくい
ようです。

このあたり意識してみて下さい。




posted by takehiro at 11:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: